• HOME
  • tag
  • 羽生結弦のけがや病気事情。運命のイタズラさえも乗り越える奇跡、そして伝説へ
羽生結弦

羽生結弦のけがや病気事情。運命のイタズラさえも乗り越える奇跡、そして伝説へ

羽生結弦

羽生結弦がオリンピックで

二度の金メダルを獲得するまでの道のりは、

平坦なものではありませんでした。

小児喘息という病気を抱えての幼少期や、
怪我と戦いながらの選手生活は平坦なものであるはずがありません。

羽生結弦の魅力は、困難を克服して栄冠を勝ち取ったことにあります。

人生に困難が付きまとうのは誰しもが経験することです。

その中にあっても、困難に負けずに目標を達成するものこそ、人生の勝者と言えるでしょう。

羽生結弦の栄光への物語は、人々にそのことを教えてくれます。

フィギュアスケーターにけがや病気はつきもの

ぜんそく

フィギュアスケーターにけがや病気はつきものです。

また、けがに悩まされるのは、
ほとんどのスポーツ選手に共通のことと言って良いでしょう。

高校や大学のスポーツ選手でも、怪我を経験しない人のほうが稀です。
何らかの故障はスポーツに真剣に打ち込む者には、
避けては通れないことなのです。

まして、世界の頂点を目指すアスリートにとっては、
怪我は日常的なものです。

けがや病気は、普通の人でも起こりうることです。

スポーツ選手はけがや病気を克服しながら、
目的を達成するところに価値を見出しています。

羽生結弦が専門とするフィギュアスケートは、
足首に故障が起こりやすいスポーツです。

人間の足首は全体重を支えるだけの丈夫な構造を持っています。

しかし、それは想定される動きをした場合に保障されるに過ぎません。


4回転ジャンプを飛んでからの着氷による衝撃は、
人体を創造した神様でも想像しない衝撃でしょう。

羽生結弦はその衝撃に耐えて、栄光を掴み取っていきました。

羽生結弦の病気告白で24時間テレビが炎上!?

正装

羽生結弦が24時間テレビ自分の病気を克服したことは、
従前からのファンにとっては驚きではありません。

羽生結弦は自分の病気についてはオープンで、隠す理由が無いのです。

小児喘息は発作がいつ起きるかわからない、厄介な病気です。
対処を誤ると、発作によって命を失う恐れもあります。
全国にはこの病気を抱えることもがたくさん頑張っています。

多くの子供はこの病気を抱えながらも健気に生きているのです。

勉強やスポーツに打ち込んで、
好成績を挙げている子供も少なくはありません。

羽生結弦も単にその中の一人に過ぎないのです。
本人が病を常には口にしないのも、
他に大勢の共通の悩みを持つ仲間がいることを認識しているからに他なりません。

病は目標達成のために克服すべき多くの事象の一つに過ぎないのです。

人にとっては精神的にかなりの負担となることでも、
羽生結弦は難なく克服しています。

それだけの精神的な強さがあってこそ、
二度の金メダルを獲得することができたと言えるでしょう。

尿膜管遺残症ってどんな病気?

学校

尿膜管とは膀胱とへそをつなぐ管です。
胎児にとって必要なものでも、生まれてからは必要がなくなります。
通常は尿膜管は線維組織に変化し、何の問題も起こしません。

稀に管がスペースとして残ることがありますが、
問題が起こることは多くないのです。

羽生結弦が尿膜管遺残症を発症したのは、
過酷な練習スケジュールと無関係ではありません。

スポーツ選手は限界まで体を痛めつけるので、
通常では考えられない部分に故障が起こります。

尿膜管遺残症を発生したのも、
世界有数の練習量を誇る羽生結弦ならではのことと言えるでしょう。

スポーツ選手はインフルエンザなどの感染症にかかりやすいと言われています。

限界まで酷使した体は疲れ果て、
感染症にならないための免疫力を落としてしまいます。

フィギュアスケーターはもちろんのこと、
あらゆるスポーツの選手は意外と感染症に抵抗力がありません。
それほど日ごろの練習が過酷で、人間としての限界に達していることが想像できます。

羽生結弦が世界選手権を断念した右足の怪我

羽生結弦が世界選手権を断念した右足の怪我は、
関節外側靱帯損傷と言うものです。

通常の捻挫よりも治りにくく、全治までに相当の期間を要します。

しかし、患部を固定して安静を保てば、治らない怪我ではありません。

問題は安静にしている期間に、他の筋肉が落ちてしまうことです。
オリンピックの本番を控えた羽生結弦にとっては、
怪我の治癒と共に筋力や運動能力の落ち込みをいかに防ぐかが切実な問題でした。

あせって練習を再開した場合は怪我の治りに影響し、後遺症が生じる恐れもありました。

それでも、すでに前回のオリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦は、
世界チャンピオンとしての余裕がありました。

すでに技術的な完成度は、他のライバルをしのぐものとなっていました。

完全に復調しなくてもライバルに勝てるという精神的余裕が、
あせる気持ちを抑えてくれました。

羽生結弦を再びオリンピックのリンクに立たせいという
ファンの願いも届いて、回復は思ったよりも順調に進みました。

まとめ

フィギュアスケート

羽生結弦は小児喘息というハンディを克服し、トップアスリートへ成長しました。

世界の頂点を極める原動力となったのは病気と共に、東日本大震災の惨状がありました。

羽生結弦は東日本大震災を被災地である仙台市で迎えました。
大勢の人々が津波で亡くなった地域から遠いところではありません。
周囲は住まいを地震で壊された被災者で溢れていました。

羽生結弦はこのままスケートを続けて良いかどうかの心の葛藤に悩まされました。

住んでいる地域が少し違えば津波のために命を失うかもしれないという極限の状況下での覚悟は、
そのときに生まれました。

その覚悟はオリンピック直前の大きな怪我でさえ、
ものとも思わないほど強いものでした。

関連記事一覧

羽生結弦の美形は血筋!?羽生家の一族(父親・母親・...

氷上のプリンス降臨!神々しすぎる羽生結弦の演技動画5選

羽生結弦

羽生結弦が着用しているネックレスのブランドは?購入...

スーツ姿

羽生結弦の身長・体重は?奇跡のスタイルを画像で検証...

羽生結弦の結婚の予定は!?現在の彼女や元カノを全部紹介

オリンピック選手

羽生結弦のコーチの経歴がヤバ過ぎる!?ブライアン・...

羽生結弦の歴代の大会成績結果(ショート・グランプリ...

記念切手

羽生結弦の記念切手が欲しい!デザインや入手方法につ...

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。